コレステロールの善玉と悪玉

コレステロールの善玉と悪玉とは?

コレステロールには、善玉と悪玉が存在します。

 

悪玉は、LDLとも呼ばれていて
善玉は、HDLとも呼ばれています。

 

個の善玉と悪玉が、
それぞれ体に与える影響とはいったい何でしょうか?

 

■コレステロールの正体とは?

 

コレステロールと聞くと、
ほとんどの方が悪いイメージを抱きやすいですね?

 

でも、悪いイメージがあるだけで
コレステロールの本来の姿は
あまり理解されていないようです。

 

コレステロールは脂質の一種であり、
細胞の新陳代謝や細胞膜を作る働きがあります。

 

なので、コレステロールがなければ
新陳代謝などを行うことができません。

 

また男性ホルモンや女性ホルモンの
材料となるものなので、

 

コレステロールは人間にとって
必要なものなのです。

 

■悪玉コレステロール(LDL)とは?

 

コレステロールには悪玉(LDL)が存在します。

 

この悪玉コレステロールが多くなると
血液中に溜まりやすくなります。

 

この溜まった悪玉コレステロールが
高血圧や高血糖などで、血管にできた傷に侵入して
動脈硬化などの病気を引き起こす原因となります。

 

■善玉コレステロール(HDL)とは?

 

コレステロールには悪玉ばかりではありません。

 

ちゃんと善玉(HDL)も存在します。

 

この善玉コレステロールの働きとは
一体なんでしょうか?

 

善玉コレステロールは
悪玉コレステロールが多くなりすぎて

 

血液中に溜まってしまったときに
回収してくれる働きがあります。

 

回収した悪玉コレステロールを
肝臓に運び、最終的には便として
排出するリサイクルのような働きをしてくれます。

 

このように、善玉コレスレロールの働きによって
このリサイクルの働きが正常に行われていれば
脂質が増えたりすることを防いでくれます。