コンビニ弁当に含まれている添加物と保存料

コンビニ弁当に含まれている添加物と保存料とは?

 

コンビニ弁当は自炊が面倒だったり忙しい時などに
とても便利な食べ物です。

 

また色々な種類の弁当が売っていて
実際おいしいものもたくさんあります。

 

でも全体的に脂分のものが多く野菜などは少なめです。

 

さらにコンビニ弁当には添加物や保存料がたくさん含まれていて
身体に悪く危険な食べ物だといわれています。

 

私も実際にコンビニ弁当にお世話になっている機会が
多かったため気になって色々と調べてみました。

 

添加物が危険かどうかは添加物の含む量を
公的な機関が厳しく調べてくれます。

 

そこでは人間が一生毎日食べても体に影響のない量が
決められている基準値があり、これをADIと呼ばれています。

 

なので食品はこの基準値を超えない量で作られているようです。

 

コンビニ弁当に限らず売られている食品には
添加物が含まれています。

 

コンビニ弁当が体に悪いといわれている理由は
添加物や保存料が大量に含まれているよりも

 

栄養バランスが偏りやすくなり
野菜不足になってしまうことの方が大きいようです。


関連ページ

コンビニ弁当や外食で野菜不足による人体の影響は?
コンビニ弁当や外食で野菜不足になった時の人体の影響はどのようなものなのでしょうか?
コンビニ弁当の消費期限とは?
コンビニ弁当には消費期限が表示されていますが、実際どれぐらいまで持つ(食べられる)のでしょう か?
コンビニ弁当を毎日食べるとイライラする理由と原因とは?
コンビニ弁当を毎日食べ続けるとイライラ感が増すと言われていますがその理由と原因とは一体?
コンビニ弁当ばかり食べているとハゲやすくなる理由とは?
コンビニの弁当ばかり食べているとハゲやすいと言われています。その理由とは一体何でしょうか?
コンビニ弁当を食べると太る?主な成分や栄養素は?
コンビニ弁当を毎日食べると太ってしまうのではないか?と、何となく体に良くない事が分かってい るかもしれませんが、主な成分や栄養素は何が入っているのでしょうか?