バナナダイエット効果

バナナダイエットの効果について

バナナダイエット,効果

 

バナナダイエットとは一体どういった方法のダイエットなのでしょうか?

 

またその効果とは一体?

 

バナナダイエットは、以前テレビや雑誌などでも紹介され、
多くの方が注目したダイエット手法です。

 

朝食にバナナを1本食べる「朝バナナダイエット」
注目されていたようです。

 

忙しく、時間のない朝に手軽にできるため、
継続して行いやすいダイエット方法でもあり、
正しい方法で行うと効果が期待できます。

 

朝バナナを1〜2本食べるだけで、昼食や夕食は
普通に食事をするだけで良い方法です。

 

この手法で、芸能人の方の多くが痩せる事に成功しているようです。

 

■バナナに含まれている成分とは?

バナナダイエット,効果

バナナは、栄養豊富な食べ物で、体にとっても
とても有効な成分がたくさん含まれています。

 

バナナに含まれている成分を詳しく挙げてみると・・・・

 

@カリウム

A食物繊維
BビタミンB
Cペクチン
Dヒスチジン

 

このように、体に有効な成分が含まれています。

 

では、それぞれの各成分の詳しい情報を挙げてみたいと思います。

 

@カリウム

 

カリウムは、体にある余分な水分を取り除いてくれる効果があります。

 

よって、女性のむくみ対策として効果が期待できます。

 

バナナに含まれるカリウムの量は、果物の中で一番多いと言われています。

 

さらに、カリウムは脂肪燃焼の効果もありますので、
ダイエットに最適な成分だと言えます。

 

A食物繊維

 

食物繊維は腸内環境を改善してくれる働きがありますので、
便秘の解消に役立ちます。

 

食物繊維には野菜類に多く含まれていますが、
バナナにもたくさん含まれていますので、
野菜不足を感じている方はバナナで補う事もできます。

 

BビタミンB群

 

栄養補給に役に立つ食べ物がバナナだと言われていますが、
その理由は、ビタミンB群が代謝アップを手助けしてくれるからです。

 

ビタミンB群は、粘膜や皮膚を保護してくれる効果がありますが、
糖質などの代謝アップをフォローしてくれる効果もあります。

 

バナナには糖質(ブドウ糖)が含まれていますが、
これを効率よく燃焼してくれるため、すぐにエネルギーになってくれます。

 

よって、アスリートの栄養補給にピッタリの食べ物です。

 

Cペクチン

 

ペクチンは、食物繊維の1種であり、
疲労回復や血糖値の急上昇を抑えてくれる効果があります。

 

血糖値が急上昇すると痩せにくい、
太りやすい体質になる原因になります。

 

ペクチンは血糖値の急上昇を抑えてくれるので、
ダイエットに効果のある成分だと言えます。

 

Dヒスチジン

 

ヒスチジンは必須アミノ酸の1つで、
食欲を抑えてくれる効果があります。

 

必須アミノ酸とは人間の体内で作る事の出来ない成分です。

 

よって食事などで補わなければいけません。

 

バナナにはヒスチジンが含まれているので、
バナナを食べる事でそれを補う事ができます。

 

■正しいバナナダイエットを行わないと逆効果になる?

バナナダイエット,効果

バナナダイエットは「正しいやり方」を行えば、
効果が期待できるダイエット手法だと言われています。

 

しかし、バナナダイエットをしているのに
逆に太ってしまったという話もよく耳にします。

 

これは間違ったバナナダイエットを行っていたこと原因かもしれません。

 

よって正しいバナナダイエットを行うためには、
以下の手法を行えば効果が期待できると言われています。

 

@朝バナナと一緒に常温の水を飲む

 

バナナを食べる際、コーヒーやジュースも同時に飲む人が多いですが、

 

「常温の水と同時にバナナをよく噛んで食べる」

 

事が大切になります。

 

朝、バナナのみを食べてカロリーを抑えると同時に、
胃腸に負担をかけさせない事が大切です。

 

よって、胃腸に負担のかからない常温の水と同時に、
「よく噛んで」バナナを食べると効果が期待できます。

 

A昼食や夕食は普通の食事にする

 

ダイエットを行うと、極端な食事制限を行う人が多いです。

 

例えば、朝バナナ1〜2本のみと、昼食や夕食も
野菜のみの食事内容では栄養が不足してしまいます。

 

栄養が不足すると、頭髪を作る成分や睡眠に必要な成分も不足します。

 

また、筋力も低下して代謝低下の原因になります。

 

よって、極端な食事制限を行うダイエットは、
髪質が悪くなったり、不眠、筋力低下による
代謝ダウンにより太りやすい体質になってしまいます。

 

そのため、バナナダイエットを行う時は、昼食や夕食は
「バランスよく」しっかりと食べる必要があります。

 

B夜遅くに夕飯を食べるのを控える

 

夜遅くに夕飯を食べると太ると言われています。

 

そのため、なるべくなら20時までに夕飯を食べ終わっているのが理想です。

 

しかし、仕事など忙しい方にはなかなか難しいかもしれませんが、
できれば就寝前の4時間前には夕ご飯を食べ終わりたいです。

 

C深夜12時までには眠るようにする

 

ダイエットを効率よく行うためには睡眠も欠かせません。

 

夜眠っている間に分泌される成長ホルモンは、
ダイエットには欠かせない成分だと言われています。

 

できれば、成長ホルモンが活発に分泌される、
10時には就寝するのが理想です。

 

また、睡眠不足になると、バナナダイエットの効果が半減してしまうとも言われています。

 

そのため、なるべく早く就寝する事もダイエットには必要な事です。

 

■まとめ

バナナダイエット,効果

バナナダイエットは正しい方法で行えば、
確かに効果が期待できます。

 

バナナには、人間の体にとって有効な成分がたくさん含まれていますので、
バナナを取り入れたダイエットを行う事は非常に効率が良いと言えます。

 

バナナにはダイエット効果の他にも、
便秘の改善やむくみ予防など、美容面にも効果が期待できます。

 

特に女性の方に嬉しい成分がたくさん含まれていますので、
正しいバナナダイエットを行うと
女性は綺麗に体を引き締める効果が期待できます。


関連ページ

ダイエットをすると女性でお肌が荒れてしまう原因とは?
ダイエットを行うと女性でお肌が荒れてしまう方が少なくありません。その原因とは一体?
ダイエットは有酸素運動を行うのが一番の近道?
ダイエットは有酸素運動を行うのが一番の近道だと言われています。
ダイエットで痩せてもリバウンドしてしまう原因とは?
ダイエットで痩せてもリバウンドしてしまう原因とは一体何でしょうか?
お風呂でリラックスしながらダイエットできる?
お風呂に入ると人体に様々なメリットがあります。しかもお風呂でリラックスしながらダイエットを行うことができるかもしれないです^^
炭水化物抜きダイエットは危険?
炭水化物抜きダイエットを行うと危険なのしょうか?
リンゴダイエットの効果について
リンゴダイエットの詳しい方法とその効果について調べてみました。
ダイエットで筋トレを取り入れると・・・
ダイエットで筋トレを取り入れるとどのような効果があるのでしょうか?