女性の方が生活習慣病にかかりにくい?

女性の方が生活習慣病にかかりにくい?

女性の方が男性と比べて、
生活習慣病にかかりにくいと言われています。

 

また糖尿病や高血圧の方は
男性の方が多いと言われています。

 

その理由とはいったい何でしょうか?

 

■女性の方が生活習慣病にかかりにくい理由とは?

 

男性よりも女性の方が生活習慣病にかかりにくい理由とは
一体なんでしょうか?

 

それは女性ホルモンに原因があるようです。

 

女性ホルモンであるエストロゲンは
脂質異常や高血圧を抑制する働きがあります。

 

なので、動脈硬化なども防いでくれる働きがあります。

 

さらに女性ホルモンは悪玉コレステロールを減らして
善玉コレステロールを増やしてくれる効果もあります。

 

また、脂肪のつく箇所も、内臓よりも皮下に付くことが多いので
生活習慣病になりにくい理由の1つです。

 

内臓に着いた脂肪は血圧を上昇させたり
高血糖、脂質異常になりやすいため
皮下脂肪よりも内臓脂肪の方がやっかいなのです。

 

しかしながら女性の場合は閉経後に
血圧が上昇する場合が多いです。

 

この場合は、女性ホルモン影響によるものといわれています。

 

女性ホルモンのバランスの変化は妊娠中にも起こりやすいため、
妊娠中に血圧が高くなる場合もあるようです。


関連ページ

生活習慣病とは一体何?
最近色々と聞くことがある生活習慣病ですが、この生活習慣病とは一体何か詳しい情報を知っていますか?
お酒と生活習慣病の関係とは?
お酒と生活習慣病には深い関係があると言われています。体に悪いイメージがありますが・・
生活習慣病に効果のある食べ物とは?
生活習慣病に効果のある食べ物とは一体何でしょうか?
猫背の人は生活習慣病になりやすい?
猫背の人は生活習慣病にかかりやすくなると言われています。その原因とは一体?
脳の血管が詰まりやすい理由とは?
脳の血管は複雑なため詰まりやすいと言われています。その原因とは一体?
病気になりやすい肥満のタイプとは?
肥満にはタイプがあり、中には特に病気になりやすいタイプの肥満があります。その問題の肥満のタイプとは?